e652b16c.jpg


 ヨコハマおもしろ水族館と併設されているのが「ヨコハマ赤ちゃん水族館」だ。
 小魚幼稚園ということで、稚魚や卵を展示しているのだが人間の幼児が遊ぶ遊具スペースもあり、水族館に興味の無い子供をここで遊ばせておいて親が子守をしつつ交代で水族館を見物できるようにするための施設を兼ねているようだ。


IMG_1067

 ネコザメの仲間の卵だって。捻れた形をしているとは驚き!


10feac5b.jpg


 こちらはトラフザメの卵。


IMG_1071

 イヌザメの卵。


cf456d26.jpg


 こちらがイヌザメ。親として紹介されているけど稚魚ってところだろう。なにしろ展示されているイヌザメの卵の中に入れそうなくらい小さい。


1b5e3ee8.jpg


 タレクチベラの幼魚。成魚になると口が垂れ下がったように見えるんだって。そりゃ幼魚より親の顔が見てみたいな。


IMG_1081

 ウマヅラハギの幼魚。


IMG_1096a

 イクラ丼水槽だって、つまりサケの稚魚。


804ee412.jpg


4749b3b5.jpg


 フセンウオ。かわいいね。


IMG_1106

 幼体の姿のまま成長するウーパールーパー。一生赤ちゃんのままと言えないこともない。


f4029f8b.jpg


 このポットベリーシーホースは、この水族館で生まれたのだそう。


47a0d69a.jpg


IMG_1091

 何とウミガメの子供も2匹いた。昨年生まれたばかりなんだって。

 ヨコハマおもしろ水族館には、他に占いコーナーも併設されている。占いの街でもある中華街らしくもあるけど水族館としてはユニークだよね。
 遠くからわざわざ見に行くには規模の小さな水族館だけど、横浜中華街観光の一部として訪問するなら損はないと思うな。中華を食べてから水族館へ行くか、水族館へ行ってから中華を食うか。中華街へゴー!